ISO/TS16949完全理解マニアル -技術書籍-

この1冊で規格内容,コアツールがすべてわかり認証取得一直線!

ISO/TS16949完全理解マニアル

待望の1冊!! FMEAをどうやれば良いかわからない?
外部,第三者の説明責任(アカウンタビリティ)にどう役立てるかわからない?
多発する事故やリコールの再発防止に論理的に対策を立てるために本書をご活用下さい。
FMEAは再発防止のためのリスク低減を論理点に展開でき,説明責任(アカウンタビリティ)を完遂することに役立ちます。

価格 下記3種類の商品があります。選択ください。

※CD-ROM版+全打ち出し見本(約470頁)49,800円(〒共・消費税込)
※バインダー装幀本(A4・約470頁)・定価 39,800円(〒共・消費税込)
※CD-ROM版 定価 39,800円(〒共・消費税込)

●CD-ROM版の特徴
必要な頁がすぐ検索できる。CD-ROMに含まれる文書ファイル(PDF・アクロバット形式)は,著作権上直接書き替えはできません。

 

編著者

安藤 黎二郎 (安藤技術士事務所・所長)
1992年安藤技術士事務所設立,IRCA,JRCA登録ISO 9000主任審査員,ISO 14000審査員補,デツト・ノルスケベリタス認証部主任審査員,(社)日本技術士会 ISO9000支援センター会長。ISO 9000認証取得指導実績90社,QS9000主任審査員としての,審査経験のべ70回150日以上。ISO/TS 16949:2002主任審査員として,TS16949第三者審査のべ11回42日以上,QS9000受審指導30社以上,TS16949 10社以上。そのほか,環境管理システム受審指導にも活躍。日本におけるQS9000・TS16949・ISO 9000受審指導の第一人者として知られる。
著書:『QS-9000完全理解マニアル』(新技術開発センター)
『ISO9000規格のここがわからない』(共著)(日科技連)
『マネジメントレビューと内部監査-ズバリ一問一答』

版元 株式会社 新技術開発センター

購入は全文を読むクリック

おすすめの言葉

ISO9001:2000の自動車産業のセクター別規格である,ISO/TS16949 :2000 は,買い手の立場から,供給者に期待する,効果の見える,品質マネジメントシステムを要約したものである。自動車産業の特徴からくる要求事項が加わっているとともに,一般的な,漠然とした表現の要求事項を明確にし,パフォーマンスの実績を得ようとの意図がみてとれる。
後者の視点をまとめると,“プロセスを基礎とした品質マネジメントシステムのモデル”を確実に実施すること,PDCA がまわっていて顧客満足の改善の実績(パフォーマンス)を上げていることが求められることになる。前者の視点では,経営者の責任,変更管理,継続的改善などで眼に見える実績を求めているといえよう。更に監査では,自動車産業界で広く使われている,コアツール(技法)を有効に活用していることを実証することが求められる。
規格の0.5には規格の到達目標として「サプライチェーンにおける欠陥予防,並びにバラツキ及びムダ低減に重点をおいた継続的改善をもたらす品質マネジメントシステムをつくりあげること」であるとしている。顧客である自動車業界から見て,自動車に組込まれてから欠陥が起こらないような,そしてバラツキを小さくするような,信頼をもてる部品を入手することは,車の品質に対する信頼性を継続しかつ向上することと同時に,国際競争上も必要であることは言うまでもない。
それとともにサプライチェーン全体としてもバラツキを減らし,ムダを減少させる継続的改善を実施することで,品質面,コスト面のメリットがあるとの信念に基づいているといえよう。
ISO/TS16949 の大きな特徴のひとつとして,コアツールの参照マニュアルが揃っていて作業プロセスを標準化し,様式を指定することによって,レベルの向上,維持を確実にしていることが挙げられる。そして第3 者機関の監査にあたっては,コアツールを活かしてパフォーマンスの効果が上がっていることの実証を求めることで,組織として真に役立つ適用になることを期待しているのである。
本書では,ISO/TS16949 の規格の考え方,なぜこういう要求事項が付加されているのかを理解できるように強調したつもりである。同時に,システムに組み込み,効果を出すためには,コアツールの要点をどう捉えるべきかの解説をした。監査の場でよく見かけるのは,形式的に,ただ使っている形を作っているだけだったり,いやいやながら形を整えるために労力を使っている場面である。本書では,コアツールのポイント,使い方の要点をわかり易く解説したつもりである。ISO/TS16949 の規格も,これと組み合わせるコアツールとともに活かすことによって,はじめて効率的かつ効果的で目に見える効果

内容項目

まえがき

第1章 ISO/TS 16949:2002第三者審査登録のルール
 第1節 ISO/TS 16949 第三者審査登録制度概要
1. ISO/TSとは:2. ISO/TS16949とは
 第2節 認証取得に関するルール概要
(ルール第2版-2004/05/31発行-2004-12-15実施)
1. 全般
2. 審査プロセス:
付属書3 監査工数表
付属書5 自動車産業プロセスアプローチ審査
第3節 TS16949 に於ける内部監査の位置付け

第2章 ISO/TS16949:2002 規格の解説
第1節 ISO/TS16949:2002 規格の構成・展開
第2節 ISO9000:2000-品質マネジメントシステム 基礎及び用語の理解
第3節 ISO/TS16949:2002 要求事項の概要と要点
0. 序文
    0.1 一般      0.2 プロセスアプローチ    0.3 ISO 9004 との関係   0.4 他のマネジメントシステムとの両立性
1. 適用範囲
    1.1 一般       1.2 適用
2. 引用規格
3. 用語と定義
4. 品質マネジメントシステム
    4.1 一般要求事項    4.2 文書化に関する要求事項
5. 経営者の責任
    5.1 経営者のコミットメント    5.2 顧客重視(顧客の方を向く)    5.3 品質方針
    5.4 計画    5.5 責任,権限及びコミュニケーション    5.6 マネジメントレビュー
6. 資源の運用管理
    6.1 資源の提供    6.2 人的資源    6.3 インフラストラクチャー    6.4 作業環境
7. 製品実現
    7.1 製品実現の計画    7.2 顧客関連のプロセス    7.3 設計・開発
    7.4 購買    7.5 製造及びサービスの提供    7.6 監視機器及び測定機器の管理
8. 測定,分析及び改善
    8.1 一般    8.2 監視及び測定    8.3 不適合製品の管理    8.4 データの分析
    8.5 改善
    Annex A(規範事項)コントロールプラン
    ISO/TS16949:2002 についてのFAQ(よくある質問)
    
第3章 APQP(先行製品品質計画及び管理計画書)
第1節 考え方・使い方のポイント
第2節 APQPマニュアル
1) 新製品の量産への移行のシステム
    (1) 製品品質計画責任分担表
    (2) 製品品質計画の基本
    (3) 製品品質タイミング計画
2)新製品開発から量産までのステップ
1.0 プログラムの立案と決定
    1.1 顧客の声    1.2 事業計画/マーケッティング戦略    1.3 製品/プロセスのベンチマーク・データ
    1.4 製品/プロセスの概念見積り    1.5 製品の信頼性調査    1.6 顧客からのインプット
    1.7 設計目標    1.8 信頼性と品質の目標    1.9 材料表(案)
    1.10 プロセス・フローチャート(案)    1.11 製品および工程の特別特性リスト(案)
    1.12 製品保証計画書    1.13 経営者からのサポート
2.0 製品設計と展開
    2.1 設計故障モード影響解析(DFMEA)    2.2 製造性/組立性設計(DFMA)    2.3 設計検証
    2.4 設計審査    2.5 プロトタイプの製造-管理計画書    2.6 エンジニアリング図面(計算データを含む)
    2.7 エンジニアリング仕様書(技術仕様書)    2.8 材料仕様書    2.9 図面および仕様書の変更
    2.10 新しい装置,金型および設備の条件    2.11 製品および工程の特別特性
    2.12 ゲージ/試験装置への要求事項    2.13 チームによる実現可能性のコミットメントと経営者によるサポート
3.0 工程設計と展開
    3.1 梱包基準    3.2 製品/工程の品質システム検討    3.3 プロセス・フローチャート
    3.4 フロアプランのレイアウト    3.5 特性表(マトリックス)    3.6 プロセス故障モード影響解析(PFMEA)
    3.7 量産試作の管理計画書    3.8 作業指示書(工程指示書)    3.9 測定システム分析計画書
    3.10 初期工程能力調査計画書    3.11 梱包仕様書    3.12 経営者によるサポート
4.0 製品と工程の妥当性の検討
    4.1 量産試作    4.2 測定システム評価    4.3 初期工程能力調査    4.4 量産部品承認
    4.5 量産試作妥当性確認テスト    4.6 梱包の評価    4.7 量産管理計画書
    4.8 品質計画サインオフと経営者からのサポート
5.0 フィードバック,評価(アセスメント),是正活動
    5.1 変動の減少    5.2 顧客満足度    5.3 納入とサービス

第3節 管理計画書の作成
1) 管理計画書の記入欄説明(P.108参照)
2) 管理計画書作成手順
    (1) 工程の分析    (2) チェックリストの例(付録A-8 管理計画書)
    (3) 管理計画書の例
    事例A 装置:セットアップ(段取り)が重要なプロセスの管理計画書例
    事例B 装置:機械が重要なプロセスの管理計画書例
第4節 APQPマニュアル付属書類
1) 管理計画書様式
    (1) 付録E CFTチームによる実現可能性検討結果(コミットメント)
    (2) 付録F 製品品質計画要約とサインオフ
2) 製品品質計画チェックリストの例
3) 付録B APQPのプロセスに便利な分析技術
第5節 APQPの実践例
図3.2 品質保証体系図とタイミングチャート  図3.3 タイミングチャートとの対応  
図3.4 管理計画書 事例1  図3.5 管理計画書 事例2

 
第4章 PPAP(生産部品承認プロセス)

第1節 PPAPの役割・位置づけ
1) 部品承認の役割
2) 第4版の変更点:
第2節 PPAPマニュアル4版
1) 目次
2) 要求事項
3) 付属書
    GLOSSARY(用語)-抜粋
    APPENDIX A-部品提出保証書(PSW)のフォームと記入についての説明
    APPENDIX B-外観承認報告書(AAR)のフォームと記入についての説明
    APPENDIX C-生産部品承認 寸法測定報告書
    APPENDIX D-生産部品承認 材料試験報告書
    APPENDIX E-生産部品承認 性能試験報告書
     
第5章 FMEA(潜在的故障モード影響解析)

第1節 FMEAの役割・位置づけ
1) FMEAの役割:  2) TS16949,QS9000に於けるFMEAの位置づけ
第2節 効果的なFMEAを実施するには
1) 品質目標の設定   2) FMEAの役割の認識
3) 効果的なFMEA実施のための要件:  4) FMEAを実施するべき時期:
5) FMEA展開活動とその役割の理解    6) 「機能」,「要求事項」の明確化
第3節 FMEAの流れ,及び各段階での実施のポイント
1) 顧客の定義  2) FMEA展開手順の流れ,-付属書J 参照
3) FMEAの実施にあたっての重要なポイント  4) FMEAをレビュー,検討する立場での注目点
5) フォローアップ
第4節 DFMEAの展開(製品設計における潜在的故障モード及び影響解析)
1) はじめに   2) DFMEAの実施準備
3) DFMEA様式への記入のポイント  4) フォローアップ活動
第5節 PFMEAの展開(製造及び組立工程における故障モード及び影響解析)
1) はじめに   2) 工程FMEAの実施準備   3) PFMEA様式への記入のポイント
4) フォローアップ活動
    付属書A:設計FMEAの品質目標        付属書B:工程FMEAの品質目標
    付属書C:設計FMEAのブロック図の例  付属書D:設計FMEAの様式―ブランク
    付属書E:設計FMEAの様式―記入例    付属書F:システムFMEA
    付属書G:工程FMEAの様式―ブランク  付属書H:工程FMEAの様式―記入例
    付属書I:工程FMEAのフローチャート及び危険度評価(例)
    付属書J:故障モード及び影響の解析手順  付属書K:FMEA用語集(Glossary)
第6節 FMEAの実施例とコメント
1) 事例1:設計FMEA   2) 事例2:工程FMEA

第6章 統計的工程管理(SPC)
第1節 序論
* 統計的手法の普及と,統計的手法の位置付けの変化
* 統計的データの収集と効率的活用
第2節 ISO/TS16949に於ける,SPCの役割
1) ISO/TS16949 要求事項としての統計的手法とSPC
2) SPCの位置付け,その適用による期待効果
3) ISO/TS16949におけるSPC適用上の問題(監査の場で見かける)
4) SPC第2版(2005-7月)の全体構成,使い方のポイント
第3節 工程の安定と継続的改善
1) はじめに:継続的改善の必要性と,統計的工程管理
2) 本文に入る前に注意を惹いておきたい点 6点
3) 予防と検出:
4) 工程管理システム(PCS)とは;
5) 変動-共通原因と特殊原因
6) 局部処置とシステム全体に対する処置
7) 工程管理と工程能力
8) 継続的工程改善サイクルのステージ:
第4節 管理図――工程管理のツール
1) 管理図の役割,管理図の要素
    (1) 管理図-工程改善,工程管理のツールとして    (2) 管理図の働き,アプローチ
    (3) 管理図の利点,管理図を効果的に使う      (4) 管理図の要素
    (5) 管理図活用の準備      (6) “管理はずれ”(“out-of-control”signal)の定義
    (7) 平均連長(ARL=Average Run Length)
2) 計量値の管理図
    (1) -R管理図      (2) -s管理図
    (3) -R管理図(Me-R管理図)     (4) X-MR管理図
3) 計数値データの管理図
    (1) 不適合品率管理図(p管理図 )
    <不良率管理図>
    (2) 不適合品数管理図(np管理図)
    <不良数管理図>
    (3) 単位あたり不適合数管理図
    (u管理図)<単位あたり欠点数管理図>
    (4) 不適合数管理図(c管理図)
    <欠点数管理図>
4) その他の管理図
    (1) 総論
    (2) シグナル管理図(ストップライト管理-Stoplight Control)
    (3) 予備管理図(Pre- Control)
    (4) 少量生産のための管理図
    (5) 累積和管理図(CUSUM管理図=Cumulative Sum Chart)
第5節 工程能力の理解,損失関数
1) 工程能力の理解
    (1) 工程の変動と仕様の限界の関係
    (2) 工程,工程能力に関する用語の定義
    (3) 工程の評価,損失関数
2) 工程能力指数計算例
第6節 管理図による管理の事例
附-1) 複数生産ラインの考え方
附-2) 過剰調節の例
附-3) 管理図の選択手順
    付表A 管理図のスケール選択の指針
    付表B 管理図の定数及び公式の表(1)
    付表B 管理図の定数及び公式の表(2)
    付表B 管理図の定数及び公式の表(3)

第7章 MSA(計測システムの解析)

第1節 はじめに
第2節 MSA第3版の構成と概要
1) MSA 第2版に比べての特徴
2) MSA第三版FAQ(良くある,質問)より
3) MSAⅢ版の構成
    (1) MSAⅢ版早見表:
    (2) Note:99%と6シグマの併用
    (3) 計測プロセスの特徴-計測システム解析に当たっての留意点
    (4) MSAマニュアル第三版目次―全体の流れ
第3節 計測システムの理解のための基礎
1) 計測データの使われ方,計測データの質
    (1) 計測データの使われ方     (2) 計測データの質    (3) MSAマニュアルの目的
2) 計測プロセスに関連する用語
3) 計測プロセスとしての解釈
    (1) 計測システムの統計的特性     (2) 計測システムの変動の影響-決定に対する影響
4) 計測システムの評価手順:
    (1) 評価について検討すること      (2) 計測システムのバラツキのタイプ
    (3) 計測システムの分解能,識別能,ndcについて    (4) 計測工程の変動― 位置と拡がり
    (5) 計測の不確かさ     (6) 計測問題の解析
第4節 計測システムを評価するための一般的コンセプト
1) 評価のためのバックグラウンドとして考慮するべきこと
    (1) 序     (2) 試験手順の選定と展開
2) 計測システム調査の準備
    (1) サンプル部品の選択    (2) 結果の解析,受け入れ判定基準    (3) 試験手順の前提条件
3) 過剰な部品内変動の影響の認識
第5節 計量値計測システム評価の方法
1) 安定性(Stability)推定調査
2) “偏り”の推定調査
    (1) 独立サンプル法      (2) 管理図法:
3) 直線性の調査
4) 反復性,再現性推定のガイドライン
    (1) 範囲法      (2) 平均値範囲法      (3) ANOVA法(分散分析法)
    (4) 平均値・範囲法――追加…更に進んだ取り扱い    (5) 解析と注意事項:
5) グラフによる,反復性,再現性の解析
6) 破壊検査の場合について
第6節 計数値測定システムの解析とその評価
1) 一般:
2) リスク解析法
    (1) 仮説検定分析-クロスタブ法      (2) 信号検出法
3) 解析的方法-詳細法
第7節 複雑な測定システムの取扱い
1) 複雑な,繰り返し出来ない計測システムの取り扱い
2) 安定性調査
3) 変動幅(Variability)の調査
第8節 計測システム調査の準備・注意点
1) 準備段階
2) 実際に,調査を実施するときの手順として重要な点
3) 評価考察の手順

様式―ブランクフォーム
☆ゲージR&R データ収集用紙
☆ゲージR&R 報告書用紙
☆計測システム評価のための管理図法の計算表(1)
☆計測システム評価のための管理図法の計算表(2)

 

*********申込はこちら***********

申込フォーム

(必須)は必ず入力ください。最後に送信ボタンを押していただきますと折返し受付メールが入力のアドレスに送信されます。

届かない場合はメールの入力間違いが考えられますので、ご確認後もう一度送信ください。

題名

商品を選択してください。

冊数:

申込別:個人申込+自宅会社申込+会社送付会社申込+自宅送付

お名前(必須):

メールアドレス(必須):

連絡TEL(必須) :

FAX :

※送付先の住所を下記にお書きください。

【会社宛の場合】

会社名 :

所属 :

会社住所 :〒

【自宅宛の場合】

自宅住所: 〒

メッセージ

このフィールドは空のままにしてください。

←ここをクリック

お申込方法とご注意
申し込み方法
各欄に必要事項をご記入ください。
数字は半角文字で入力してください。 半角カナ文字は使わないでください。

必要事項をご記入の上、内容確認後、「送信する」ボタンをクリックしてください。
数分後、折り返し受付メールが、購入者のメールに返信されます。ご確認ください。
もし届かない場合は、メールアドレスの間違いが考えられますのでもう一度送信ください。

また、通常のメールでお申込いただくこともできます。(下の2行をコピーしてください)
通信教育名: No: 会社: 事業所: 所属: 氏名: TEL: FAX: Mail: 郵便番号:
住所: 事務連絡担当者氏名(本人ではない場合): 事務連絡担当者所属:
上記をメールにお書きの上、info@kyokai.jp にお送りください。

お申込み後の流れ

1. お申し込み受付後、出版元より、
商品、ご請求書、お振込み用紙をお送りしますので、到着後15日以内に請求書記載の方法でお支払いください。
2. 商品到着後の、お問い合わせは、出版元へお願いします。
基本的に返品お受けできません。ご了承ください。

10日経っても商品が届かない場合は、当社へお知らせください。確認メールの発信先に返信してください。

営業時間は祝祭日を除く月~金 10:00~17:00とさせていただいております。

お問い合わせは出来るだけMailでお願いします。
Email: info@kyokai.jp
スマイルコミュニケーションオフィス 関西セミナー事業部
TEL: 06-6281-4655   FAX:06-6281-4650
542-0082 大阪市中央区島之内1-19-13

フォローして下さい!