11/12 「見える化」で利益に直結する現場レイアウト改善のポイント(東京)

「見える化」で利益に直結する現場レイアウト改善のポイント

毎日気にしないで歩いている工場内の通路、材料倉庫、機械設備、事務所、ロッカー室、食堂や休憩室などの場所や配置は、どのように決められかご存じですか?

 

受講のおすすめ

現場改善のさまざまな改善案を配置として具体化することをレイアウトと言いますが、レイアウトがまずい会社ではつぎのような現象や問題が発生しています。

* 人やモノがスムーズに流れない、モノを動かすことで1日が終わってしまう
* 作業場がモノ置き場になっている、作業改善の努力が実らない

このような現象や問題を解決するには、ライン生産やセル生産などの生産方式に対応したレイアウトを作り上げることで。そこで本セミナーでは、レイアウトの基礎から応用まで演習や講師の豊富な経験をもとに、わかりやすく解説します。
レイアウトや日常の作業改善でお困りの方に是非ご参加いただきたくご案内を申し上げます。

※演習時に電卓を使用しますので、必ずご持参下さい。

日時

平成22年  11月12日(金)10:00~17:00

受講料

39,800(消費税込) 〔テキスト/昼食を含みます。〕
※サブテキストとして、講師の著書「よくわかるレイアウト改善の本」(日刊工業新聞社刊)を使用します。

会場 新技術開発センター研修室
東京都千代田区一番町17-2 一番町ビル3F TEL 03(5276)9033
地下鉄半蔵門線 半蔵門駅徒歩2分  (受講券に地図を添付いたします)
講師

小川正樹 (株)MEマネジメントサービス 常務取締役 技術士(経営工学)
明治大学専門職大学院会計専門職研究科 特任教授

(株)日本能率協会コンサルティングを経て、現在、(株)MEマネジメントサービス常務取締役。マネジメントコンサルタント、技術士(経営工学)、明治大学専門職大学院会計専門職研究科 特任教授。
原価計算、原価管理、原価見積、原価企画などに関するシステムの立案、構築、実施やVE・IEや品質工学などを通じて総合的コストダウンを展開し、企業の業績を改革するコンサルティング業務が活動の中心である。
主な著書に「よくわかるレイアウト改善の本」「よくわかる品質改善の本」「見える化でわかる原価計算」(日刊工業新聞社)、「実践原価企画」(税務経理協会)、「絵でわかる超入門原価計算」(すばる舎)、「絵でみる原価計算のしくみ」「高品質・低コスト生産のすべて」/日本能率協会マネジメントセンター刊など。

備考

※録音、録画、撮影はご遠慮ください

主催

(株)新技術開発センター
昭和43年より東京で、技術系セミナー、管理セミナー、技術士資格試験、ISO9000、ISO14000などの講座を開催。 伝統のあるセミナー会社です。

プログラム・受講申込はクリック(別ウィンドウが開きます)
この講座に申込む

●セミナープログラム

1.レイアウト改善のねらいとポイントを見える化する
   1. 製造リードタイムが短縮できる
   2. 運搬のムダが低減できる
   3. 時間のムダが低減できる
   4. 仕掛在庫や在庫スペースが削減できる
   5. 現場で発生しているムダを見える化する(演習)

2.レイアウト改善のすすめ方を見える化する
   1. レイアウト改善のステップ
   2. モノの流れを見える化する
   3. 部門、機械設備、倉庫などの関係を相互関係図で整理する
   4. 必要な面積を求め、レイアウト案を作成・評価する(演習)
   5. 移設計画の立て方

3.リードタイムの短縮とレイアウト改善のポイントを見える化する
   1. モノづくりの基本とレイアウト
   2. レイアウトのタイプと特徴
   3. リードタイムを短縮する同期生産ラインの作り方
   4. 同期生産ラインの改善ポイントとレイアウト
   5. バランスロスを減らすライン編成分析のすすめ方(演習)

4.多品種化の対応とレイアウト改善のポイントを見える化する
   1. 工場に求められるフレキシビリティは何か
   2. フレキシビリティとセル生産方式
   3. 多品種を同一ラインで生産するセル生産方式の作り方
   4. セル生産方式の改善ポイントとレイアウト
   5. 将来の変化に対応できるレイアウトの作り方(演習)

5.レイアウト改善の実践するポイントを見える化する
   1. レイアウト改善で考慮すべき条件とは
   2. 3S(整理・整頓・清掃)を定着させるレイアウト改善
   3. 在庫管理と倉庫のレイアウト改善
   4. 事務所のレイアウト改善
   5. 人にやさしいレイアウトにする

6 レイアウト改善による損得を見える化する
   1. レイアウト改善投資の採算性を計算する
   2. レイアウト投資の損得を計算する(演習)
   3. 変動加工賃率を計算する
   4. 在庫の維持・管理にかかっているお金を計算する
   5. 仕掛り在庫の低減金額を計算する

   ◎ 質疑応答


プログラム・受講申込はクリック(別ウィンドウが開きます)
この講座に申込む

お申込の手順とご注意
1. 上記ボタン押すと別ウインドウが開きます。各欄に必要事項をご記入ください。
2. 数字は半角文字で入力してください。
3. 半角カナ文字は使わないでください。
4. 必要事項をご記入いただいたら「確認画面へ」ボタンをクリックしてください。
5. このボタンをクリックすると申込内容の確認画面に進みます。
この段階では、まだ申込は実行されません。申込内容の確認画面でご確認いただきますとお申込の受付となります。
6. 受付後、確認の電子メールをご送付いたします。この確認メールをご返送いただく必要はありません。
7. お申込み受付後の、お客様のご都合によるキャンセルはお受けできません。あらかじめご了承ください。
セミナーは、ご欠席の場合、セミナー終了後、使用テキストを送付致します。

お支払方法
1. ご請求書、お振込み用紙等をお送りしますので、到着後15日以内にお支払いください。