2/9.10 生産革新への挑戦-日産追浜工場の改善力を見て,学び,体得する-見学セミナー(2010東京)

日産追浜工場見学付セミナー2日間コース

生産革新への挑戦を続ける
日産追浜工場の改善力を見て,学び,体得するセミナー


円高・通貨安・グローバル競争時代対応の生産革新のやり方を指導!

●2日間コースの内容
<第1日目>
「生産革新への挑戦を続ける日産追浜工場の改善力を見て,学び,体得」見学会
日産自動車追浜工場株式会社 神奈川県横須賀市夏島1番地
見学時間 2/9(水)12:30~16:30 小セミナーを含む
小セミナー 日産生産方式の紹介及び質疑応答(工場長講演を含む) 約1時間
モノの流れの改善により着実に進化している生産ラインの構築を見て学ぶ。
現場革新力が生産方式を変える「カラクリ自動化,ラインサイド部品在庫なし組立ライン」を見て,学び,体得する。

<第2日目>
「円高・通貨安・グローバル競争時代対応の生産革新セミナー」
生産革新セミナー 2/10(木)10:00~17:00 機械振興会館
「現場革新力で生産方式を変える」
従来型「改善活動」から「全員やる気出し経営」への変革で生産革新の実現法
* 日産生産方式の真髄の活用法
* 「品質革新・品質革命」実現する方法をご紹介します。
* 技術対策法,人為ミス発生防止法,品質ヒヤリハットで不良発生防止法を紹介する。
* 生産ライン革新化の担い手は生産現場の革新力である。グローバル競争に打ち勝つよう挑戦を続ける現場の紹介
* 儲かる自動化に徹して,完全自動化ラインの構築法の実施事例の紹介
* 「完全自動化を目指す『モノづくり』革新を実現する」
* 事業革新の決め手,V字回復・V字ターン手法による経営革新,生産革新の実現
* 思考プロセス可視化による革新技術の開発法


日時

平成23年  29.10日(水.木)  

講料

59,800(消費税込) 〔テキスト/昼食を含みます。〕

会場 9日 日産追浜工場正門(現地集合)
10日 機械振興会館・研修室

東京都港区芝公園3-5-8 (東京タワー直前 TEL 03-3434-8211)
地下鉄日比谷線神谷町下車徒歩5分 (受講券に地図を添付いたします)
講師

露木崇夫 (有)露木生産技術研究所 代表取締役 技術士 機械部門
昭和9年神奈川県生まれ。昭和32年千葉大学工学部卒業。同年,日産自動車(株)に入り,同社において製造部長・技術部長などを歴任の後,昭和61年にナイルス部品(株)取締役に就任。両社においては生産技術及び自動化ラインの開発を手がけ,高い実績を残す。
平成4年に生産管理関係の専門コンサルタントとして独立,公的機関のアドバイザー,専門団体の講師として活躍する一方,実践的なコンサルタントとして工場運営や各種加工技術の指導など国内外の企業数百社の指導実績を持つ。
著書「工場長の仕事必携実務ハンドブック」(アーバンプロデュース),「組立自動化ラインの構築法」「コストダウンの新手法,ミニマムコストTBS法」(日刊工業新聞社),「生産技術者能力強化フォーマット集」(JMAM),他。

備考

※録音、録画、撮影はご遠慮ください

主催

(株)新技術開発センター
昭和43年より東京で、技術系セミナー、管理セミナー、技術士資格試験、ISO9000、ISO14000などの講座を開催。 伝統のあるセミナー会社です。

プログラム・受講申込はクリック(別ウィンドウが開きます)
この講座に申込む

別ウィンドウが利用できない場合は、 info@kyokai.jp まで

<第1日目>
「生産革新への挑戦を続ける日産追浜工場の改善力を見て,学び,体得」見学会
日産自動車追浜工場株式会社 神奈川県横須賀市夏島1番地
2/9(水)12:30~16:30 小セミナーを含む
(なお,工場は安全確保の都合上,決められたコースからの見学となります。)

<第2日目>
「円高・通貨安・グローバル競争時代対応の生産革新セミナー」
2/10(木)10:00~17:00 機械振興会館

第2日「現場生産力革新セミナー」プログラム
「生産革新への挑戦を続ける日産追浜工場の改善力を見て,学ぶ,体得」セミナー

1.日産生産方式の真髄
1)計画生産による在庫ゼロ方式
2)自動品質調整・造り込み法による不良ゼロ実現
3)自律啓発型による継続的改善
4)「モノづくり」革新モデルで事業優位性の確立
2.円高・通貨安時代対応「モノづくり」モデルの構築
1)生残りへの工場生産革新への取り組み法の原則
2)「モノづくり」発信基地への再構築法の紹介
3)新興国対応原価・「モノづくり」の構築法
3.「育ての品質」から「生まれの品質」革新への取り組み法
1)これまでの品質造り込み活動
2)「育ての品質」から「生まれの品質」革新造り込み法
3)徹底的な「生まれの品質」造り込み法
4.人為ミス発生防止による品質造り込み法
1)人為ミスの4大特徴
2)自分の人為ミス特徴の自覚
3)自己固有人為ミス絶無への挑戦
4)自己固有人為ミス絶無術の体得
5.現時力「モノづくり」技術・技能の開発法
1)管理力から「モノづくり」革新の必要性
2)技術により「モノづくり」革新の造り込み法
3)他社凌駕「モノづくり」への造り込み法
4)ナンバーワン・オンリーワンへの造り込み法
6.完全自動化ライン構築を目指せ!!
1)完全自動化ラインへの構築法
2)「手作り自動化設備・生産」の実現化
3)儲かる自動化ラインづくりに徹する!!
4)VW,トヨタ,日産,ホンダ,三菱組立工場での完全組立自動化ラインへの構築法
7.製品原価低減力の涵養法
1)品質改善・現場力による製品原価低減法
2)「効果必定則」で原価造り込み力体得
3)他社凌駕原価体質造り込み法
4)コストハーフ法による原価体質革新法
8.革新技術・技能開発の実現法
1)技術・技能曲線(T-N曲線)で技術・技能革新挑戦
2)デジタル管理による技術・技能革新法
3)力量管理による技術・技能革新の実現法
4)グローバル競争に打ち勝つ技術・技能の構築法
9.創造性思考法(クリエイティブ・シンキング法)による新技術の開発法
1)創造的思考法・思考プロセス可視化による革新技術の開発法
2)オンリーワン技術開発法,オンリーワン技術を開発して学ぶもの!!
◎ 質疑応答


プログラム・受講申込はクリック(別ウィンドウが開きます)
この講座に申込む

別ウィンドウが利用できない場合は、 info@kyokai.jp まで

お申込の手順とご注意
1. 上記ボタン押すと別ウインドウが開きます。各欄に必要事項をご記入ください。
2. 数字は半角文字で入力してください。
3. 半角カナ文字は使わないでください。
4. 必要事項をご記入いただいたら「確認画面へ」ボタンをクリックしてください。
5. このボタンをクリックすると申込内容の確認画面に進みます。
この段階では、まだ申込は実行されません。申込内容の確認画面でご確認いただきますとお申込の受付となります。
6. 受付後、確認の電子メールをご送付いたします。この確認メールをご返送いただく必要はありません。
7. お申込み受付後の、お客様のご都合によるキャンセルはお受けできません。あらかじめご了承ください。
セミナーは、ご欠席の場合、セミナー終了後、使用テキストを送付致します。

お支払方法
1. ご請求書、お振込み用紙等をお送りしますので、到着後15日以内にお支払いください。