土壌汚染調査技術管理者試験完全合格対策特別講義録

Spread the love

土壌汚染調査技術管理者試験完全合格対策特別講義録
-DVD3枚+テキスト2冊+模擬問題・解答-

・土壌汚染対策法に関する各種法
・2012年8月 改訂第2版
・2018年4月 一部改正第2版
・2019年4月 調査及び措置に関するガイドライン(改訂第3版)
◆環境省水・大気環境局 土壌環境課 ガイドライン(改訂第3版H31年)対応

定価: 20,000円(消費税込)+送料
(DVD3枚,テキスト上・下2冊,模擬試験問題・解答35問)
※本DVDは実際の講習会をそのまま撮影したものです。一部画像が暗い部分がありますがテキストでご確認できます。

講師: 齋藤和春 氏
工学博士
技術士(総合監理部門,応用理学部門,建設部門)
APECエンジニアリング,EMF国際エンジニア
水質関係第一種公害防止管理者
土壌汚染調査技術管理者

テキスト内容

テキスト前半(第1分冊)

第1章 土壌汚染対策法のしくみ
1.1 はじめに
1.2 法令整備の歴史(土壌,地下水汚染に関する法令)
1.3 土壌汚染とは
1.4 汚染原因について
1.5 土壌汚染の判明事例
1.6 土壌汚染のリスク
第2章 土壌汚染対策法の概要

2.1 目的・法制度
2.2 指定調査機関,指定支援法人
2.3 財政的な支援制度
2.4 土性汚染対策法の10のキーワード
第3章 環境基準及び各基準
3.1 汚染物質と基準一覧
3.2 環境保全
3.3 農用地の土壌汚染防止対策の法体系
3.4 ダイオキシン類対策特別措置法
3.5 廃棄物処理及び清掃に関する法律
3.6 水質汚濁防止法(水濁法)
第4章 汚染物質の基礎知識
4.1 第一種特定有害物質
4.2 第二種特定有害物質
4.3 第三種特定有害物質
4.4 新たに環境基準に追加された物質
第5章 改正土壌汚染対策法
5.1 改正土壌汚染対策法のしくみ
5.2 法改正の経緯
5.3 法の適用外となる岩盤の定義
5.4 土対法の留意事項
第6章 土壌汚染状況調査

6.1 土壌汚染状況調査の手順
6.2 試料採取等区画の選定
6.3 試料採取等
6.4 法第5条の土壌汚染状況調査の特例
6.5 自然由来の汚染調査の特例
6.6 人為等由来による土壌の汚染状態の評価
 1)第一種特定有害物質の評価
 2)第二種,三種特定有害物質による汚染の評価
 3)試料採取を省略した場合
 4)土壌ガス調査の結果例,ボーリング調査を省略した場合における
   土壌汚染の状態の評価
6.7 自然由来の土壌汚染調査
6.8 自然由来の汚染による調査の特例
6.9 水面埋立て土砂由来汚染調査
6.10 土壌汚染状況調査の結果の評価と報告
6.11 土壌汚染状況調査の省略と追完
6.12 土壌汚染状況調査の追加に関する留意事項
6.13 具体的な土壌汚染状況調査の追完
6.14 自然由来汚染調査に関する追完
6.15 特例調査及び人為等由来汚染調査以外の省略と追完
6.16 自然由来特例区域内の基準不適合か否か
6.17 埋立地特例区域内の水面埋立土砂の追完
6.18 一般管理区域又は埋立地管理区域の追完

テキスト後半(第2分冊)
第7章 要措置区域等の指定

7.1 要措置区域等の指定
7.2 臨海部特例区域
7.3 要措置区域等の解除
7.4 台帳
第8章 指定の申請
8.1 指定の申請の基本
8.2 指定の申請に関するその他
第9章 汚染除去等の措置
9.1 汚染除去等の措置
9.2 汚染の除去等の措置の種類
9.3 詳細調査
9.4 措置の実施のための調査
第10章 措置の実施
10.1 措置の基本的な考え方
10.2 地下水の摂取等によるリスクに係る各措置の実施
10.3 直接摂取によるリスクに係る各措置の実施
10.4 実施措置の実施に伴う周辺環境保全対策
10.5 措置の完了
10.6 要措置区域の解除の要件
10.7 措置の効果の維持
10.8 要措置区域等における形質の変更
10.9 措置の実施の基本的な考え方
第11章 臨海部特例区域
11.1 概要
11.2 臨海部特例区域の土地の要件
11.3 土地の形質の変更の施工管理方針の確認
11.4 土地の形質変更の施工管理方針の廃止
第12章 土壌汚染対策法処理業に関して
12.1 汚染土壌処理業
12.2 汚染土壌処理業の許可の基準
12.3 汚染の拡散の防止その他必要な措置
第13章 土壌汚染の運搬に関して
13.1 概要
13.2 汚染土壌の運搬
13.3 汚染土壌の運搬に関する基準
13.4 汚染土壌の混合禁止の例外
13.5 積替施設
13.6 地下浸透防止措置
13.7 保管施設
第14章 法対象外の基準不適合土壌適正な運搬・処理について
第15章 ガイドラインの基礎的数字

◎ 改訂第3版(平成31年4月1日改正)完全対応模擬試験問題・
  解答・解説35問題

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【お申込方法とご注意】
各欄に必要事項をご記入ください。
数字は半角文字で入力してください。 半角カナ文字は使わないでください。
お申込み受付後のキャンセルは一切お受けできません。
内容の確認後「確認したのでメールを送信する」ボタンを押してください。

また、通常のメールでお申込いただくこともできます。(下の2行をコピーしてください)
商品名(年度): 冊数: 氏名: TEL: FAX: Mail: 郵便番号:
住所: など必要事項をメールにお書きの上、info@kyokai.jp にお送りください。

◆ 受付後、
受付後、確認の電子メールをご記入いただいたメールアドレスに自動送付いたします。
数分以内に届かなければメールアドレスの間違いが考えられますのでご確認ください。
この確認メールをご返送いただく必要はありません。この時点でご注文が完了し、契約成立となります。お客様のご都合によるキャンセル(契約解除)や変更は原則としてお受けできませんので、よくご確認のうえご注文ください。
ご入力いただいたEメールアドレスに10分以内に『ご注文完了メール』を送信いたしますので、ご確認ください。このメールをご返送いただく必要はございません。なお、メールが受信できない場合でも、ご注文は完了しております。メールの受信設定をされている場合は、あらかじめ「@kyokai.jp」のドメインを受信する設定にご変更くださいますようお願いいたします。
返信メールが、迷惑メールフォルダーに分類されることもありますので、届かない場合はご確認ください。
ご注文から3~7営業日前後でお届けいたします。10営業日を過ぎても、商品が届かない場合は、当社へご確認ください。
ご注文いただいた場合、当社の特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針(プライバシーポリシー)に同意をいただいたものといたします。

    申込フォーム

    (必須)は必ず入力ください。最後に送信ボタンを押していただきますと折返し受付メールが入力のアドレスに送信されます。

    届かない場合はメールの入力間違いが考えられますので、ご確認後もう一度送信ください。

    題名

    商品を選択(チェックボックスをクリック)してください。送料は1回300円です)

    申込別:個人申込+自宅会社申込+会社送付会社申込+自宅送付

    お名前(必須):

    メールアドレス(必須):

    連絡TEL(必須) :

    FAX :

    ※送付先の住所を下記にお書きください。

    【会社宛の場合】

    会社名 :

    所属 :

    会社住所 :〒

    【自宅宛の場合】

    自宅住所: 〒

    メッセージ

    確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。
    お名前とメールアドレス、連絡TELは必須項目*です。
    折返し受付メールが入力のアドレスに送信されます。届かない場合はメールの入力間違いが考えられますので、ご確認後もう一度送信ください。