設計の「見える化」 -技術書籍-

「設計の目で見てわかるマネジメント」のノウハウ公開 !!

設計の「見える化」

生産部門だけではない。今必要なのは『設計の「見える化」だ!』
価格 下記3種類の商品があります。選択ください。

※CD-ROM版+くるみ製本(100頁) 15,200円(消費税込)
※くるみ製本本(100頁) 9,900円(消費税込)
※CD-ROM版 9,900円(消費税込)
送料は、1回のご注文につき、全国一律税込300円です。

●CD-ROM版の特徴
必要な頁がすぐ検索できる。CD-ROMに含まれる文書ファイル(PDF・アクロバット形式)は,著作権上直接書き替えはできません。

編著者 新井啓介氏  新井技術士事務所 所長
大阪府立大学工学部機械工学科卒,1982年まで三井造船(株)勤務。プラント及び原子力核燃サイクルの設計,建設,プロジェクトマネージャー等に従事。その後,付加価値経営研究所に勤務し,開発・設計・製造・調達等の指導を担当。1995年独立。 技術士(経営工学),中小企業診断士
版元 新技術開発センター

内容詳細・購入は全文を読むクリック

おすすめの言葉

編著者の言葉 「見える化」は,トヨタ式の単行本では「診える化」としているが,生み,育てたのはトヨタである。
しかし,その「見える化」の出版物は,すべて生産に関するもので,設計に関する「見える化」はない。
それでは,「設計の見える化」は必要ないのであろうか? そのようなことはない。むしろ真っ先に「見える化」する必要があり,生産部門に比べて,設計の改善・改革が遅いのは,「見えない」ことによる弊害とも考えられる。 また,「見えない」ことは,設計業務の「悪さが見えない」ことである。

この「設計の悪さが見えない」ことが「隠れ蓑」にもなって,設計の改善・改革に対して,
1.  必要ないと考えている,
2.  今のやり方が習慣(惰性)になっているから抜け出したくない,と思っている,
3.  やろうとしても,出る杭は叩かれれそうだからやれない,
4.  改善・改革に踏みきるには,説得が難しく勇気がない, など,これらが抵抗になっている。

そこで,本書では「設計の見える化」は,「設計の目で見て分かるマネジメント」で,管理者のマネジメントの中に組み込み,マネジメントサイクルを回しながら,設計改善・改革の重要なアイテムとして推進するための手順にして紹介する。

内容見本 mierumierumierumieru

内容項目

(はじめに)なぜ,「設計の見える化」が達成できないのか

(1)「設計の見える化」とは,「設計の目で見て分かるマネジメント」である。

1)「設計の目で見て分かるマネジメント」とは,FPDSサイクルである。
(1) F(Find)で,設計情報のムダとり(マイナス情報)を行うことである。
(2) P(Plan)は,「見えない」ものを「見える(見せる)化」することである。
1.会社の経営指標と,設計の付加価値分析の「見える化」
2.情報共有化のための「見える化白板」の設置
(3) D(Do)は,「設計の見える化」で実現するための手順とその項目を決める。
(4) S(See)は,「設計の見える化」を点検・評価し,Fへフィードバックする。
2)設計管理者のマネジメント力を「見える化」
(1) 設計のマネジメント上の問題点の「見える化」
(2) 設計プロジェクト組織化の問題点の「見える化」
(3) 設計者への動機付けとコミュニケーションの「見える化」
(4) 設計の変革のための「見える化」

(2)「設計の見える化」とその手順

手順1)「設計の5S(整理・整頓・清掃・しつけ)を30日間で実施する。
手順2)設計の「目標(あるべき姿)」と「目的」を「見える化」して思想統一する。
手順3)設計の基本的条件の「見える化」
(1) 設計業務の流れ及び設計室の「見える化」
(2) 設計に関する3つの標準化の「見える化」
(3) ISO9001(7.2項)の「見える化」
(4) 設計の基本思想(「擦り合わせ・モジュラー型」)の「見える化」
(5) 情報セキュリティ・リスクマネジメントの「見える化」
(6) 製品安全の「見える化」
(7) 設計のツールの「見える化」
手順4)設計者の日程計画の「見える化」
(1) 設計者にタイムマネジメントを導入する。
(2) 設計社個人の一日の計画/実績作成と「まとまり分析表」の「見える化」
(3) 設計差立板の作成
(4) 設計者の育成(教育)とその日程の「見える化」
手順5)設計の段階別の「見える化」
(1) 設計創出の思考回路と源流(開発)設計の「見える化」
(2) 製品・詳細設計の「見える化」
(3) BOM中心のモジュール化設計の「見える化」
(4) 試作/試験の「見える化」
(5) 生産設計の「見える化」
手順6)設計の課題別の「見える化」
(1) 「設計期間1/2化の実現」の「見える化」
(2) 設計トラブル(クレーム,設計不良,設計ケアレスミス,設計間違い)の「見える化」
(3) 顧客の「見える化」
(4) 設計レビュー(DR)の「見える化」
(5) 設計者と派遣設計者のベストミックス・マネジメントの「見える化」
(6) 外注設計のアウトソーシング・マネジメントの「見える化」
(7) 製品品質保証の「見える化」
(8) 製品コストの「見える化」
(9) 設計の「継続的改善活動」の「見える化」

(あとがき)「設計の見える化」のまとめ

*********申込はこちら***********

申込フォーム

(必須)は必ず入力ください。最後に送信ボタンを押していただきますと折返し受付メールが入力のアドレスに送信されます。

届かない場合はメールの入力間違いが考えられますので、ご確認後もう一度送信ください。

題名

商品を選択してください。

冊数:

申込別:個人申込+自宅会社申込+会社送付会社申込+自宅送付

お名前(必須):

メールアドレス(必須):

連絡TEL(必須) :

FAX :

※送付先の住所を下記にお書きください。

【会社宛の場合】

会社名 :

所属 :

会社住所 :〒

【自宅宛の場合】

自宅住所: 〒

メッセージ

←ここをクリック

お申込方法とご注意
申し込み方法
各欄に必要事項をご記入ください。
数字は半角文字で入力してください。 半角カナ文字は使わないでください。

必要事項をご記入の上、内容確認後、「送信する」ボタンをクリックしてください。
数分後、折り返し受付メールが、購入者のメールに返信されます。ご確認ください。
もし届かない場合は、メールアドレスの間違いが考えられますのでもう一度送信ください。

また、通常のメールでお申込いただくこともできます。(下の2行をコピーしてください)
通信教育名: No: 会社: 事業所: 所属: 氏名: TEL: FAX: Mail: 郵便番号:
住所: 事務連絡担当者氏名(本人ではない場合): 事務連絡担当者所属:
上記をメールにお書きの上、info@kyokai.jp にお送りください。

お申込み後の流れ

1. お申し込み受付後、出版元より、
商品、ご請求書、お振込み用紙をお送りしますので、到着後15日以内に請求書記載の方法でお支払いください。
2. 商品到着後の、お問い合わせは、出版元へお願いします。
基本的に返品お受けできません。ご了承ください。

10日経っても商品が届かない場合は、当社へお知らせください。確認メールの発信先に返信してください。

営業時間は祝祭日を除く月~金 10:00~17:00とさせていただいております。

お問い合わせは出来るだけMailでお願いします。
Email: info@kyokai.jp
スマイルコミュニケーションオフィス 関西セミナー事業部
TEL: 06-6281-4655   FAX:06-6281-4650
542-0082 大阪市中央区島之内1-19-13